これでいいのかコラーゲンサプリを続けたくなる理由

ママが何気ない日常と大好きな美容情報をかなりマイペースに更新しています。

本日もヒマをもてあまして弾む素肌ケアの事を綴ってみる。

今日文献で集めていた情報ですが、「お肌の真皮と呼ばれる層の7割がコラーゲンによって形成され、細胞と細胞の間にできた隙間を埋めるような状態で繊維状に存在しているのです。肌のハリや弾力を保ち、シワのない綺麗な肌をキープする真皮の層を構成する最も重要な成分です。」のようにいわれているらしいです。

素人ですが、ネットで調べた限りでは、「セラミドは肌の角質層内部において、角質細胞と角質細胞の間でスポンジのように働いて水分&油分を抱き込んでいる存在です。肌と髪の瑞々しさの維持に大切な役割を持っているのです。」な、結論されてい模様です。

本日ネットでみてみた情報では、「コラーゲンが足りていないと肌の表層は肌荒れが引き起こされたり、血管壁の細胞がもろくなって剥離し出血しやすくなってしまうこともよく見られます。健康な日々のためには必須となる物質なのです。」のようにいう人が多いと、思います。

それにもかかわらず、ヒアルロン酸という物質は細胞間物質として細胞と細胞の間に多く含まれており、健康で若々しく美しい肌のため、保水効果の持続やクッションのように支える役目を持って、繊細な細胞を保護しています。」のようにいう人が多い模様です。

今日検索で探した限りですが、「タンパク質の一種であるコラーゲンは、アンチエイジングや健康を維持するために必須の重要な栄養成分です。健康なからだを作るためにとても重要なコラーゲンは、その代謝が悪くなると十分に補給してあげる必要があります。」と、提言されているようです。

ところが私は「まず何と言っても美容液は肌への保湿効果がしっかりしていることが大変重要なので、保湿作用を持つ成分がどの程度添加されているのか確認するといいでしょう。中には保湿という機能だけに焦点を当てている製品もあるのです。」と、いわれているそうです。

そうかと思うと、私は「美肌成分として欠かせない存在になっているプラセンタ。今日では化粧品や栄養補助食品などいろんな品目に効果が実感できるほどに添加されています。ニキビやシミなどの肌トラブルの改善や美白など多くの効果が期待を集めている優れたパワーを秘めた成分です。」のように提言されているとの事です。

このため、ヒアルロン酸の保水する力の件でも、セラミドが角質層で効果的に皮膚の保護バリア能力を整えれば、肌の水分保持機能が向上して、更に一段と弾力のある美肌をキープし続けることができます。」のように結論されていとの事です。

素人ですが、色々探した限りですが、「ヒアルロン酸の量は乳幼児の時に最も豊富で、30代を過ぎるころから急激に減っていき、40歳の頃には赤ちゃんの頃と比較すると、およそ50%までなってしまい、60代の頃には本当に少なくなってしまいます。」な、いう人が多い模様です。

ところが私は「成人の肌の不調を引き起こす原因の多くはコラーゲンが不足していることだと考えられます。皮膚のコラーゲンの量は年を追うごとに減少し、40歳代に到達すると20代のおよそ50%しかコラーゲンを作れなくなります。」と、いわれているようです。